満田剛のブログ
八王子市に住んでいる満田剛のブログです。個人的に興味のあるもの(書籍など)の紹介などを書いていきます。
体力の限界
 とにかく「体力の限界」という文字が目の前に迫ってくるような状態である。いろいろと予定が追いかけてくるが、睡眠をとることに注意しながらやっていくしかない。

 ちなみに、昨日のNHKでやっていた「沸騰都市」を見た。途中子どもの世話などでちょこちょこ抜けてしまったが、トルコ・イスタンブールの現状を通してみるイスラーム世界のあり様が非常に興味深いものであった。

 これから一週間ほどの最重要課題は、「時間革命」と「睡眠」。なんとかしよう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

購入(2008/06/28)
矢立肇・富野由悠季〔原作〕ときた洸一〔漫画〕
『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』②
(講談社 2008年第1刷  ISBN978-4-06-375502-2)

Amazon.co.jpから。①がなかなか興味深かったので購入。子どもたちと読もうかと思う。

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

「¥トシガイ」最終回
 昨晩はメールをしたり、いろいろと原稿を書いたりしているうちに夜更かしをしてしまい、結局「¥トシガイ」最終回を見てしまった。
 最近、遅くまで起きていることが少なかったので見る機会はあまりなかったが、時々見ている者としては、非常に面白かった。「人生を豊かで華やかにするために、どのようにお金を使うのか」を考えさせられる番組だったと思うし、大学生や高校生にこそ見てもらいたいものだと思った。その点からすれば、終了も残念だし、放送時間が深夜だったのも残念であるが、致し方ないのだろう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

刊行(2008/06/24改訂版)
このたび、以下の書籍を出版しました。

満田 剛〔著〕『三国志万華鏡 英雄たちの実像』
(未来書房 三国志リブレット① 2008年
  ISBN 978-4-902086-10-2) 定価1000円(税込)

『「三国志」万華鏡 英雄たちの実像』


 本書はリラックスしながら読んでいただけるように、第一章で中国・三国時代とはどのような時代かを簡単にまとめた上で、各章ごとに主に人物を中心にし、『三国志』に関するエッセイとしてまとめてみました。したがって、第一章を読んでいただいた上で、ご自身の興味のある章から読んでいただけるようになっています。文章もできるだけわかりやすく読めるように心がけたつもりです。なにとぞよろしくお願い申し上げます。


以下のショップ・書店などで販売しております。
・東京富士美術館ミュージアム・ショップ
・博文堂書店信濃町店
  (JR信濃町駅前トーシン・ビル1・2階)
・大阪書店
  (JR・京阪京橋駅から徒歩1分、京橋駅前チョップタウン)
・博文堂書店ミナミ店
  (大阪市営地下鉄堺筋線日本橋駅から徒歩1分、
   ナンバウォーク内)
・博文堂書店新大阪店
  (大阪市営地下鉄御堂筋線西中島南方駅北口徒歩2分、
   新御堂筋ビル)
「英傑群像」HP 三国志万華鏡 英雄たちの実像



 なお、筆者に直接ご注文いただく際には、お名前、ご住所、お電話番号をメールで次のアドレスにお送り下さい。

 sangokushilibretto@hotmail.co.jp

金額は送料込みで1210円です。


目次は次の通りです。

  まえがき
  第一章 中国・三国時代とは
  第二章 英雄たちの実像―情に厚い曹操、「計算ずく」の劉備、人事にたけた孫権
  第三章 諸葛亮(諸葛孔明)の「天下三分の計」について
  第四章 魏の「お気に入りのライバル」―蜀漢
  第五章 曹沖―曹操の「幻の後継者」
  第六章 呉の隠れた名将―朱然とその一族
  第七章 歴史家の明と暗―王沈、韋昭、そして陳寿
  第八章 『三国志』に関する書籍紹介
  あとがき

※本書をご注文いただく際に頂く個人情報やその他ご意見やご要望をいただく際に知りうる個人情報について、 その目的以外に使用することはございません。またそれら個人情報は、法に基づく資料開示でない限り、個人情報対象者に断りなく、第三者へ開示、提供することはございません。

注)
ご覧になる方の環境によっては、本ブログの諸葛の「葛」の字が本来の字と異なってしまうこともあるかと思いますが、ご容赦ください。

追加)
本書の正誤表(2008年6月24日版)を以下にアップしておきます。申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。
『「三国志」万華鏡 英雄たちの実像』正誤表(2008年6月24日版)
※前回のxmlファイルがうまく表示されない、とのお話がありましたので、htmlファイルにしてみました。念のため、xml版もアップしておきます。
『「三国志」万華鏡 英雄たちの実像』正誤表(xml版)

注)
ご覧になる方の環境によっては、本ブログの諸葛の「葛」の字が本来の字と異なってしまうこともあるかと思いますが、ご容赦ください。

テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

りこうしょうぐんになりたい
 19時頃から自宅にいる場合には、子どもたちが寝る前に、せがまれて絵本を読んでいることが多い。今日は以下の絵本を読んでいた。

この絵本は当然、前漢の李広の逸話をもとにしているが、タイトルはこの絵本を読んだ後の長男の感想である。「かわいらしいなあ」と思ってしまった。夢を抱きながら、元気に育ってほしいものである。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

書籍紹介~『「三国志」の人物学』・『三国志と日本人』
 以下の2冊については、リンクしてある「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい。



テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

書籍紹介~『横山光輝「三国志」大百科 永久保存版』・『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』①
 以下の2冊については、リンクしてある「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい。



テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

書籍紹介~『中国・蜀と雲南のみち 街道をゆく20』・『三国志演義大事典』
 以下の2冊については、リンクしてある「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい。

テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

拙著『三国志―正史と小説の狭間』正誤表(2008年6月6日版)
 タイトルの表を以下にアップいたします。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

『三国志―正史と小説の狭間』正誤表(2008年6月6日版)

追記)
前回のxmlファイルがうまく表示されない、とのお話がありましたので、htmlファイルにしてみました。念のため、xml版もアップしておきます。
『三国志―正史と小説の狭間』正誤表(xml版)

テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

カフェ・レストランセーヌ
 10時50分に高校の授業を終え、帰宅。12時過ぎに、妻や下の二人の娘と共に東京富士美術館のカフェ・レストランセーヌに行って昼食。新館がオープンして以来、一度は行ってみたかったのです。
カフェ・レストランセーヌ

 アラビアータパスタ(850円)、サーモンのマリネ タマネギとトマトのビネガー風味(500円)、キャラメルホットパイ ジェラート添えプレート(コーヒーとセットで800円)やパンを注文。料理はかなり本格的。アラビアータパスタは思っていたよりも辛く、妻にはきつかった模様。私は非常においしくいただいた。
 とにかく今日のヒットは、キャラメルホットパイ!これはかなりいけます。パイもジェラートも非常においしく、プレートのわきにあるクリームは甘さ控えめ。妻も子どもたちも大喜びでした。
 美術館のレストランとしては味も非常に良く、値段も「高すぎず安すぎず」といったところで、高級な面とそれなりにリーズナブルな面とを兼ね備えていると思う。子どもがいる家族づれが通えるところではないと思うが、それは致し方ないであろう。私としては、特別展が開催されていない時期を狙って、また行ってみたい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

書籍紹介~『諸葛孔明【不世出の軍師の機略縦横】』・『関羽伝』
 以下の2冊については、リンクしてある「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい。

テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2017 満田剛のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.