満田剛のブログ
八王子市に住んでいる満田剛のブログです。個人的に興味のあるもの(書籍など)の紹介などを書いていきます。
今日の動向(2008/01/31)
 12時10分まで高校で授業をした後、13時頃に帰宅。子供の幼稚園の同級生のお母さん方が我が家に集まって楽しくランチをしていた。妻が長男のためにおりがみで作ったヘラクレスオオカブトに皆さん感心しておられた。そのため、次回は来週、妻によるおりがみ教室ということになってしまった。そこで、おりがみの本をAmazon.co.jpでオーダー。
 15時から大学A323教室でビデオ上映会。「NHKスペシャル四大文明 中国~黄土が生んだ青銅の王国~」を見てレポートを書いていただく。35名もいらっしゃったのにはびっくりしたが、皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。なんだかんだ雑務をした末、17時半頃に帰宅。子どもたちと風呂、夕食を共にして、寝かせる。その後、原稿執筆やテスト採点など。大学の成績表提出締め切りは来週月曜日だから、頑張らないと。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

今日の動向(2008/01/30)
 今日は12時50分まで高校の授業をし、一旦帰宅。その後、都内の某図書館に赴いて論文のための資料収集。18時過ぎに図書館を出て、19時過ぎに帰宅。子供たちと食事してから寝かせ、論文の校正の詰めの作業とブログなどの原稿を書く。いろいろな仕事と平行しながらあわてて校正をしたためか、校正のし忘れが見つかる。印刷会社の方にはご迷惑をかけてしまうことになり、本当に申し訳ないと思う。とにかく、無理をしない程度に原稿執筆に頑張らないと。あ、大学のテストの採点、一つもしてない……。明日、明後日でメドをつけないと。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

書籍紹介~『三國志群雄白書』・『『三国志』縦横談』
 以下の2冊については、リンクしてある「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい。



テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

腰痛、目まい、そして……
 週末は近所の小学生の「会合」開催や論文初稿の校正に追われていた。そんな中、昨日の夜にとある会合に出ていたのだが、突然腰がおかしくなった。ぎっくり腰になりかけているような状態である。帰ってくるときはかなりのへっぴり腰で歩いていた。
 今日になって腰はかなりマシになったが、高校の授業とその合間の校正に追われていると、6時間め途中で目まいが……。一時的ですんでいるようだが、過労に注意しなくては。
 そういえば、最近周りで聞こえてくる言葉がやけにすさんでいるように感じる(もちろん我が家の中ではないのだが)。その現実をしっかりと見据えていきたいと思う。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

外国史Ⅱ(東洋史)テスト終了
 ということで、私が大学で担当している科目のテストが終了しました。皆さん、お疲れ様でした。あとは、私の採点ですね、大量の論述の……。頑張りますよお、いろいろな原稿を書きながらですけど。
 それから、講義の中でお見せしたビデオをまだご覧になっていない方は、

  1月31日(木)15:00~  A323教室

においでください。よろしくお願いします。

テーマ:私立大学 - ジャンル:学校・教育

書籍紹介~『「三国志」の世界 孔明と仲達』・『別巻 その時歴史が動いた 三国志英雄伝』
 以下の2冊については、リンクしてある「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい。



テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

恐るべし、赤き皇帝
 昨日、たまたま『F1グランプリ特集』の最新号(2008年2月号)を読む機会があった。そこにブリジストンの浜島さんのインタビュー記事が載っていたのだが、それによると「昨年末のテストに参加したミハエル・シューマッハーは本当に速い」ということであった。さらに、「テストドライバーとしてどこがすごいのか」がよくわかるような話がいろいろと載っていた。このようなテストドライバーを確保しているフェラーリは贅沢だなあ、と素人ながら思ってしまう。
 さて、今年はどうなるのでしょうか。確か、今年はトラクションコントロールシステムが廃止されるんでしたよね?その影響はあるのでしょうか?今年はやっぱりフェラーリ&ライコネン?

テーマ:F1GP 2008 - ジャンル:車・バイク

書籍紹介『もう一つの『三國志』―『演義』が語らない異民族との戦い―』〔2008年1月20日改訂版〕・『人物 諸葛孔明』
 以下の2冊については、リンクしてある「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい(この記事の初出は2007年10月15日である)。



テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

ランドセル到着!
 今日は中学からの推薦入試で高校の授業はなし。8時半頃に起床。メールチェックなどをして、10時半頃から買い物。12時過ぎに帰宅して、昼食後に仮眠。15時前に起きると、昨年購入した長女のランドセルが届く。ちょうど幼稚園から帰宅した長女と記念撮影。

そのランドセルの箱の中に以下の絵本が入っていた。

橋本豊〔著〕『かばんねことあめふりかばん』
  (土屋鞄製造所 2007年)

土屋鞄製造所のオリジナルの絵本のようである。絵本好きの子供たちは、早速妻に読んでもらっていた。その後、大学の図書館に行って、『永楽大典』を借りてくる。いろいろと調べてみなければ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

『日本史世界史同時代比較年表 そのとき地球の裏側で』
楠木誠一郎〔著〕『日本史世界史同時代比較年表 そのとき地球の裏側で』
  (朝日新聞社 朝日選書775 2005年 ISBN 4-02-259875-1)

 本書は、タイトルどおり日本史と世界史の同時代比較ができる年表である。見開き2ページごとに、上段には日本史・世界史をミックスさせた同時代年表があり、中段の右ページには見開きの年代に生まれた人、同左ページにはその年代に亡くなった人が紹介されている。そして、下段には見開き2ページで3項目ずつエピソードを紹介している(本書4ページ 本書を読まれる方へ 参照)。
 「それなりの内容を有しつつ、とにかく見やすい」というのが、本書の最大の特徴だろう。年表の類は「詳しいけど(つめこみすぎて)見にくい」とか「見やすいけど内容が少ない」ということが結構あったのだが、本書はそのバランスが比較的取れているように思う。全211ページ中、西暦1600年までが43ページと少ないのだが、本書のボリュームや見やすさを考えると、仕方ない部分もあろうかと思う。身近に置いておおまかに日本史・世界史の同時代比較をするための書、と考えれば、非常に使い勝手がよい一冊であろう。

おススメ度:★★★★★

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

今日の動向(2008/01/20)
 今日は8時半頃に起床。メールチェックのあと、10時半頃に家を出て、川口やまゆり館へ。図書館で書籍を借りる。主に子供たちの絵本などだが、一般向けの『三国志』の本も借りてしまう。マックに立ち寄ったあと帰宅し、少し仮眠しようとしたが、次女に叩き起こされてしまう。私がいないと泣き叫んでしまうらしい。夜は20時頃までに子供を寝かせ、ブログ原稿などを書く。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

東洋史入門テスト終了
 担当している歴史:東洋史入門のテストが終了した。9割の方が受験されていて、良かったです。これから採点しますが、皆さんそれぞれ努力をなさったことと思いますので、しっかりと読ませていただきたいと考えております。ちなみに、努力の成果を手書きで書いていただけると、より身につくと思ったのでテストにしている、という一面があります。さて、どうでしょう。皆さん、Wikipediaに頼ってませんかね?

テーマ:私立大学 - ジャンル:学校・教育

書籍紹介~『正史三國志群雄銘銘傳』・『「三国志」の魅力』
 以下の2冊については、「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい。



テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

お騒がせして……、ます?
 今年の私の髪型が、勤務先の高校や大学の最初の授業・講義で皆様に爆笑を提供しているようであります。私の実家でアルバムを見た妻から「やってみて」と言われて、高校時代の髪型に戻しただけなのですが……、仕方ないとは思います。妻も子供たちもはじめて見たときに固まってましたし、2歳の次女なんて1時間くらい近寄ってきませんでしたから。勤務先の先生方からも驚かれてます。ここまで笑っていただけるとは思ってませんでしたが、この程度でウケていただいてありがたいです、「スポーツ刈り」にした程度で。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

『図解 世界のなかの日本史』
東京都歴史教育研究会〔監修〕成美堂出版編集部〔編集〕
『図解 世界のなかの日本史』
  (成美堂出版 2007年 ISBN 978-4-415-10528-4)

 本書は、「日本史を読みとくカギは世界史にあった!!」として、世界史との関係の中で日本史を捉えなおそうとしたものである。中を見ると、地図をふんだんに用いて、日本史と東アジア、世界との関係を図示し、文章でも解説を加えている。ほぼ見開き2ページごとに情報満載で、少し見にくいところもあるが、世界史と日本史の両方の大まかな流れを一度に押さえる上では非常に良い一冊だろう。

おススメ度:★★★★★

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

今日の動向(2008/01/12)
 8時頃に起床し、8時半過ぎに自宅を出て妻に八王子駅まで車で送ってもらう。10時前に明治大学リバティータワーに到着。郭曉濤先生(中国社会科学院考古研究所 洛陽漢魏城隊 助理研究員)の「漢魏洛陽故城の考古発掘と研究の進展状況」と題する講演を伺う。明治大学大学院特別講義として開催されたものだが、大変勉強になった。「金墉城の(洛陽城の城壁から)北に突き出た部分は北魏時代に作られたもので、それ以前には存在しなかった(百尺楼も北に突き出た部分ではなく、洛陽城の城壁に沿って存在していた)」など、いろいろと興味深いお話があった。その後、若手の研究者の方と食事をしながら懇談。神保町の本屋に立ち寄ったあと、妻に京王八王子駅まで迎えに来てもらう。17時45分頃に帰宅。子供たちを風呂に入れて、夕食をとったあと、上の3人を寝かせようとしたが、3人とも私の側で寝たいということで、私のふとんに集中してしまい、結局遊んでしまう。実は、このような状況が毎日展開されている。一番下の子を風呂に入れて2階の寝室に上がってきた妻と交代。その後、このブログなどの原稿を書いて過ごす。
2007年度後期の講義終了
 私が担当している科目の後期の講義は今日で終了。(履修登録するまで講義に来なかった方に配慮したのですが)最初の数回の進み具合を少し遅くしたためか、なかなか予定通りに進まなかったように思います。講義の中身も面白さも充実させるという努力はし続けたのですが、なかなか反映されなかった部分もあったと感じております。2008年度については、シラバスの改良と講義の更なる充実に挑む決意です。あとは、テストですが、皆さん頑張ってください。

テーマ:私立大学 - ジャンル:学校・教育

購入(2008/01/10)
東京都歴史教育研究会〔監修〕成美堂出版編集部〔編集〕
『図解 世界のなかの日本史』
  (成美堂出版 2007年 ISBN 978-4-415-10528-4)



 Amazon.co.jpから購入。大阪の書店で見かけて、表紙に書かれていた「黄河文明は殷・周王朝と発展し、東アジア「世界」を形成し始めた。」とか「中国の戦乱で大量発生した難民が、日本列島に稲作を伝えた。」といった文章にひかれた(普段の高校世界史の授業や大学の講義でも話していること)のだが、迷った末にとりあえず購入。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

最近の動向(2008/01/06~01/07)
 6日は10時頃に起床。メールチェックをして、12時頃から町内会の新年会。13時45分頃に帰宅し、昼食後、仮眠。17時頃に起き、18時頃から近所の某学生さんの卒論の相談にのる。その学生さんからの紹介で、さらに別の学生さんがやってきて、卒論の話をする。20時過ぎに終わって見送った後、夕食をとり、たまたまであったがNHKスペシャル「激流中国 5年1組 小皇帝の涙」を見る。中国のある公立小学校(省の学校ランキング上位)の5年1組の生徒や保護者の状況を取材していたが、この番組を見る限り、中国・雲南省の保護者や学校の成績至上主義はすさまじい。このような状況は、この番組で取り上げられているようにはっきりと目に見える形ではないにしても、日本でもすでに起こっているのではないかと思う。番組でも成績至上主義が生み出した児童の心の問題を取り上げていたが、当然起こるべくして起こった問題であろう。番組の最後で、女子児童たちが「共産党大会で子供の負担を軽くすると言っていたけれど、カバンは重くなる」とか「結局何も変わらない」という趣旨の話をしていたことに、事の重大さを感じる。児童が無力感をかもし出しているのは、深刻。日本の児童・生徒・学生はどうだろうか……。その後、ブログの原稿を書いて過ごす。さらに、2時20分から「プロレスリング・ノア中継 新春60分拡大スペシャル」に見いってしまう。腎臓ガンを克服してプロレスラーとして復帰してきた小橋さんのドキュメントだったが、やはり小橋さんは最高です。3時半頃に就寝。

 7日は10時半頃に起床。メールチェックののち、大学のテスト問題を作成し、教務課に提出。通教に採点したレポートを渡しに行ってから、買い物へ。七草を買うはずが売り切れなどで手に入らず、「三草」になる。夕食はその「三草がゆ」。なかなか美味。近所のばあばにおいしいおかゆの作り方を習ったらしい。子供たちを寝かせたあと、ブログ原稿を書いたり、通教レポートの採点をしたりして過ごす。

 高校生の皆さん、世界史のレポート、頑張ってください。10日が提出日です。倫理の皆さんは勉強、頑張ってください。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

書籍紹介~『諸葛孔明―三国志の英雄たち―』・『三国志の英雄―諸葛孔明』
 以下の2冊については、「三国志―正史と小説の狭間~満田剛のブログ」の当該記事を参照されたい。



テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

最近の動向(2008/01/04~01/05)
 4日は8時40分頃に大阪の実家を出て、名神高速にのる。11時20分頃に恵那峡SAに着いて昼食。1時間ほど休憩してから出発し、15時15分頃に八王子の自宅に着く。かなり早く着くことができてビックリ。その後、買い出しをしてから子供たちとの時間を過ごしたが、正座して膝に次女をのせていると、両足の裏が同時につってしまい、あわてる。妻と互いに体のケアをしてから23時半頃に就寝。

 5日は9時半頃に起床。メールチェックなどをし、昼食をとったあと、14時頃に家を出て都心部の某図書館へ。17時50分頃に帰宅し、食事。子供たちを寝かせたのだが、上の3人は私のとなりで寝たいらしく、彼らの願望を全てかなえるため、私の左に次女、右に長男、そして長女は……、おなかの上にうつぶせに寝かせた。その後、いろいろと調べたり、ブログの原稿を書いたりして過ごす。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

写真日記(2008/01/02)
 午前から天保山の海遊館に。家族でははじめて水族館に行った。みんなで楽しくゆっくり過ごすことができた。

   ↓巨大なピラルク。子供たちもビックリ。
ピラルク20080102



   ↓これは私(マンタ)?
マンタ20080102

テーマ:日記 - ジャンル:日記

今年もよろしくお願いします
旧年中はいろいろとお世話になりました。

昨年は4月に三女が生まれるなど、いろいろと身の回りの変化があり、疾風怒濤の日々を過ごしていたように思いますが、今年も研究・教育両面にしっかりと取り組んで参りたいと思います。論文を二つ以上、著作原稿も一つ以上は書き上げ、いろいろな原稿にもしっかりと取り組んでいくことを研究の目標としております。教育面では講義・授業の充実と学生・生徒の皆さんのケアにできる限り取り組んで参ります。

本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2017 満田剛のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.